目の周りのくすみを飛ばしてくれる下地発見!

最近40代になってすごく気になっているのが目の周りのくすみです。今まではクマはあったのですが目の周り全体的なくすみというのがなかったので最近はコスメも変えなきゃいけないなと思っています。

ミコブルームファンデーションの効果を徹底検証!私の口コミや使い心地などをご報告!

今までは適当に下地をつけて、軽くパウダーファンデーションで整えているぐらいだったのですが、それだと目の周りのくすみが取れなくて逆にファンデーションの色と混ざってしまいグレーっぽくなってしまうんです。夕方になるとそれが余計にひどくなって本当に鏡で見るのもつらいです。

なので最近は下地も変えてみました。今までは無色透明の下地を使っていたのですが、今はくすみを飛ばしてくれるような細かいパールが入った肌色の下地を使っています。これが結構良くて、これをつけるだけでもマイナス3歳ぐらいになるからとても不思議です。かなり優秀な下地だと思います。ある美容系ユーチューバーさんがお勧めしている下地だったので、間違いはないかなと思ったのですが大正解でした。ちょっと私には高い30グラムぐらいで3800円だったのですが、数カ月は持ちそうですし、リピートしたいなとおもっています。

夕方になっても疲れた顔にならないし下地だけでこんなに変わるんだなーと感心しています。

貧乳を忘れさせてくれるブラとの出会い

私は子供の頃からおやつが好きでふくよかな体型をしていましたが、なぜか胸にだけ肉がつかないことが永遠の悩みでした。おかげで着痩せはできるのですが、ブラジャーはいつもAカップしか着用できず、体重が増えても減っても、サイズはいつも変わらない非常に安定感のあるバストでした。ベルトップナイトブラ

大学生時代に、バストアップサプリやナイトブラなども試してみたのですが、あまり効果を感じられず、脇や背中の肉がなんで胸には行かないのか不思議に思いながら大人になり、社会人になって東京に引っ越してきました。

そこで出会った会社の同僚は、私の逆のような体型をしており、えぐれたようなくびれを持っているのに胸にだけ肉がついていて、神様に恨み言を言いたくなるようなナイスバディでした。その同僚と仲良くなり、下着の話をした時に同僚がお気に入りのお店として挙げたのが、ブラデリスペコという表参道の下着屋さんでした。オリジナルの下着を作っておりそれが私にお勧めとのこと。

休日に同僚と一緒にお店に行ってみると、そこは看板犬のリエル君とインポートのセクシーな下着がいっぱいの非日常空間でした。同僚おすすめの下着はペコブラというそうで、早速フィッティングをお願いしてみました。すると驚くことに、私の下着のサイズは65Dとのこと。

他のメーカーのものは全て70Aだったので正直信じられませんでしたが、脇や背中の肉を全て放り込むようなフィッティングの結果、Dでもちゃんと肉がみちっと入り込みました。ちょっと動いたら肉がちょっとずつ戻っていきますが、お手洗いなどで定期的に胸に肉を集めることで、少しづつ形がついていくとのこと。気がついたら2セット購入していました。

正直値段は新米社会人にはきついものですが、自分はDカップと錯覚できるし、デザインもシンプルな総レースで好みなので、今後も使い続けて、Dカップ(笑)から真のDカップになれるよう精進していきたいです。

肌の美しさは内面の充実から

シミ、しわ、乾燥等々、ある程度の年齢になると、お肌の悩みも複数抱えるのが常識。ふと鏡をみると、新たなシミの出現に落胆。眉の間に縦じわができているのは、毎日子供を怒っているせいなのか。アラフォー、アラフィフ女性にとって、そんな出来事は日常茶飯事ですよね。

ビューティーオープナージェル

でも最近思うのです。シミやシワが一つもない美魔女のような人は、かえって気味が悪い。確かに綺麗だけど、胡散臭さが漂います。テレビや雑誌で美魔女の方々をよく見かけますが、ライトと修正技術でなんとかしている部分もあるのでは?と考えずにはいられません。

シミやシワをどうにかしようと、今まで散々抵抗してきた私ですが、最近「年相応のシミやシワはそれまで自分が生きてきた証」と考えるようにしました(負け惜しみか!)。そして着眼点を「肌のキメ」のみにシフトチェンジ。多少シミやシワがあっても、肌のキメさえある程度綺麗ならば、なんとかなる気がするのです。
そのためには、規則正しい生活と適度な運動、バランスのとれた食事。化粧水だけは惜しみなくたっぷりと使い、そして何よりも自分だけの楽しみを見つけて、充実感に浸ること。シワやシミ用の高価な美容液には手を出さず、その分のお金は自分の趣味などに投資して、精神的な充実を目指すのです。

肌の美しさは、内面の充実から。仕事をしながら子育て、年老いていく親の介護と忙しい日々を送る毎日ではありますが、肌の老いに抵抗しつつ、充実した毎日を過ごしていきたいものです。