30歳を過ぎてから、薄毛が気になり始めました。

自分は、薄毛にはならない、髪の毛の悩みなんて出てこないだろうと思っていました。

学生の頃は、格好いいからなどという理由から脱色を繰り返し、

好きなカラーを入れていました。

そのころから、脱色、カラーをするたびに頭皮の痛みを感じていましたが、

我慢できるほどだったのであまり気にすることもなく、

自分の好みのカラー、髪形を楽しんでいました。

就職してからも、髪形に制限のある会社ではなかったので、

自由な髪形で出勤したりと、長い間頭皮にダメージを蓄積していたのかもしれません。

30歳を超えて、結婚してからは全く染めることもなく、

黒髪短髪で過ごすようになりました。

家族とはよく一緒にお風呂に入るのですが、

ある時から、髪の毛を洗う旅に妻に頭が気になると言われるようになりました。

http://www.nefrologiapediatrica.org/

頭部のてっぺんが薄い、、、そう言われ自分でも見てみると、

確かに頭皮がよぉく見えます。

今まではこんなにも見えなかった頭皮が、光に照らされて、

こうこうと輝いていたのです。

まさか自分が薄毛になるなんて思ってもみませんでした。

若いころに無理をしすぎてしまったのか。

そう思うととても悔やまれます。

あの痛みは我慢してはいけなかったんだ、私は頭皮が弱く、

脱色、カラーは慎重にやらなければならなかった。

これからはもっと労わってあげなければいけない。

そう思いながら頭皮マッサージを施すのです。