髪色と年齢

私は31歳の子持ちです。もとは髪の毛をいじるのが好きで月に一回はカラーカットをしていましたが、出産後はなかなか美容院にも行けず、決まった美容院にも行けず…私の髪はくせもあり、毛量もあり、そのうえ髪がかなり傷んでいます。

ノアルフレシャンプーを使った私の口コミ!感想から解約方法まで全て暴露します!

でも白髪が出産を機にかなり増えたので明るくしていたいし、ワンカラーではなくポイントといれたく、自分でやっていますが痛みが半端ないのと、まとまりもなく…いつもシャンプーやトリートメントを迷走しています。

カットもこだわりがあるのですが(襟足はまったくいらない・輪郭部分は残してほしい・髪の量は少なく手入れが楽に・でもインナーとかもやりたいからバランスよく等)でも自分の髪が痛み過ぎていることと、癖髪であることによって、なかなか全てはかなえてもらえません…いつも何かを妥協する感じです。

カラーもブリーチをすると縮毛矯正が出来なくなってしまうので行えず…本当に扱いずらい髪質です。痛み過ぎていて結ぶと後が確実につくので、結び方にも気を使うし、一番結びたいお風呂上りも我慢です。タオルでくるっとまとめてしまうとそれで前髪や根元にあとが付いてしまうのでそれもできないので本当に冬は寒くて辛いです。

頭皮が乾癬にまたおかされた

髪自体の悩みではないですが頭皮に悩みがあります。髪自体は普通量か少し多いのではないかと思います。http://www.guadalajaracon.org/

白髪はありますが、目立つほどではありません。ストレスが加わると増えるようです。問題は頭皮です。乾癬という皮膚病にかかっています。こいつとは、過去も戦って、この秋から冬にかけて第三戦目になります。

頭皮だけが乾癬になっているわけではなくて、両足がかかっています。両足の方は、おさまって生活に困らないような状態になったりもしますが、今はひどいものです。

なんでも皮膚の細胞が菌により死に、再生を図るがまた菌にやられみたいに、皮膚の再生サイクルが加速化するといった情報をネットでみたことがあります。特に冬にかけて、湿度が高まるような室内にこもりがちだと菌は繁殖するらしいので夏には、かなり緩和します。

そして今現在は、両足がかゆくてたまらなく、つい触ってしまいます。その菌が頭皮に移ったのでしょう。

または過去やっつけた菌の残党が、ここぞとばかりに猛反撃をしてきたのでしょう。かゆくてかゆくてたまりません。フケも落ちますが、あんな細かいものではありません。あちこちカサブタ状になっています。過去の二戦は、菌の増殖を抑えるとか菌を殺すとかのシャンプーで制圧しました。およそ1500円くらい。そろそろ、今回もシャンプーの購入を検討しています。

加齢に伴う髪質の変化

女性は年齢とともに様々な髪の悩みが出てきます。

髪質は人生で3回変わるなんていうことも聞いたことがあります。

子どもの髪をとかしていると艶々でさらさらでうらやましくなってしまいます。

自分も若いころはこのくらい天使の輪がはっきりと出ていたのにな…。と悲しい気持ちになることも。

妊娠出産を経て脱毛や白髪の悩みに加えて、今の髪質は癖とうねりが出てきてごわごわする手触りになってしまいました。天使の輪なんて全くありません。

子どもに髪を触られて、「なんでこんなにごわごわしてるの?」なんて無邪気に質問されたこともあります。子どもって残酷ですよね。

髪質が変わってしまう原因としては、加齢によって、皮脂の量が低下したり、キューティクルがはがれてきたり、髪自体の構造が変わっていくこともあるそうです。

また、ホルモンの分泌や頭皮の状態が髪のうねりやごわつきに影響することも。

髪は排泄器官とも言いますので、体の状態が表れているのかもしれません。

シャンプーやリンスに気を遣うことはもちろんですが、食べ物や生活習慣にも気を付けていくことが大切です。カラーやパーマのダメージも蓄積していくので、髪にやさしい薬剤を使用している美容院を選ぶことも重要です。何もしなくても艶々だった若いころとは違うので、年齢に合ったケアが必要になってくるんですね。

変わりゆく髪の毛の悩み

物心ついた時から、父親譲りの太くて硬い髪質がずっとコンプレックスでした…。

小学生の時は、いつも極太の三つ編みと下に垂れ下がらない元気なポニーテール(笑)

中高の文化祭ではふわふわのお団子に憧れて必死に格闘しましたが、もちろん私の髪の毛は言うことを聞かず。猫っ気の女の子が可愛くて羨ましくて…。

大人になるにつれて、美容院で毛量の多さと太さに驚かれることにもすっかり慣れてしまいました。優しい美容師さんには、「おばあちゃんになったらちょうど良い量になるよ!」と励まされた事も。

アラサーともなると少しずつ髪が細くなったのか、子供の頃ほど髪のセットに手間取らなくなってきました。

ただ最近また別の悩みが発生。明らかに生え際に白髪が増えてきたのです。

もともと真っ黒で白髪がほとんど無かった上に、前髪付近に集中的に生えてきたので、とっても目立ちます…。振り返ってみると、白髪が生えだしたのは仕事で体も心も滅入っていた時期。ストレスがこんな所に出てきちゃうのか、とショックを受けました。

いくつになっても髪の悩みは尽きないのだなあとしみじみしつつ、今はこまめに美容院でカラーをしてもらいながら、なるべく自分の体と心を労わるようにしています。

ネチィとした髪の状態に、嫌な感じがします

わたしの髪が、パサつく感じになることが嫌なのです。

普段は健康な髪の状態にと、なるべく気をつけているのです。

でもトリートメントすることを少しでも遅らせてしまうことで、

髪は手触りが嫌なものになることがあります。

なんとも言えないネチィとした感じです。

毎回のシャンプー後に、トリートメントをすれば本当はいいのです。

でも生活しているのに、生活費との関係もあります。

この様に原因があり、キューティクルが剥がれたりめくれたりするものです。

私は嫌と感じる髪の場合には、

普通うろこ状に重なり合っている、キューティクルが傷ついている状態になるのです。

たぶん人から見てもツヤがなく、さみしい髪の状態となっていると思います。

この手触りが嫌で、なるべく気を付けてはいます。

でも忙しさが増す生活になった時に、

トリートメントを予定より遅らせることがあるのです。

http://www.assupportgrouponline.org/

もちろんリンスでは対応できないものです。

知識を得ようと思いました。

髪の中心にあるのが「メデュラ」

そのまわりを「コルテックス」が覆い、

コルテックスを「キューティクル」が包み込んでいる状態と知りました。

髪の毛は3つの層からできていると知りました。

健康な髪の場合には、

このキューティクルが、コルテックスのたんぱく質や水分を守る働きをしているそうです。

私が嫌と感じる髪の状態は、

コルテックスにあるたんぱく質や水分が流出して髪が乾いた状態となっていると知りました。

キューティクルが剥がれない状態で、いつもいる事が大事と思いました。

髪の癖を活かして

私は非常に髪の毛の量が多いです。元々長く(肩甲骨くらいまで)伸ばすのが私の習慣です。

ですのであまり切りに行かないです。特に2019年から現在まではコロナで外出自粛になってから余計にあまり行かなくなりました。そのため今現在は非常に髪の毛の量が多いです。バナナクリップが壊れてしまいそうなくらいです。しかし毎日大量に髪の毛が抜けます。

少しブラシでとく程度でも大量に抜けます。またお風呂場の排水溝には長い髪の毛が大量に絡まっています。髪の毛を乾かした後自分の周りを見渡すと髪の毛が長いのもありますが大量の髪の毛が抜け落ちています。さらに傷んでおりなかなか艶が出ないです。長い髪は決していやではないですが艶があり綺麗な髪の毛を伸ばしたいです。

10年程前、いつもお世話になっている美容院でパーマやストレートパーマをあててみました。非常に気に入りましたがなかなか自分では維持出来ないと思いその一回でやめました。それからはあまりいじらないことにしました。そのため伸びてきたら癖も出てきますが今はその癖や長さを活かしてハーフアップにしてみたりポニーテールにしてみたりこの長さではないと出来ないヘアアレンジを楽しめたらと思っています。

ヘッドスパで血行促進

マスクをすることが当たり前になり、顔の半分が見えなくなりました。

メイクをバッチリ、きれいなリップをつけても見せれない。

マスクの裏が赤くなるだけ、そんな時代だからこそ、1番目につく髪に注目が集まっています。

人の印象を決める大半は顔です。つまり見た目の美しさが第一印象を左右します。

みんながマスクをする時代に差をつけるなら髪の印象を上げるしかありません。そこでオススメなのがヘッドスパです。

髪をきれいにするために何をしますか?

ほとんどの方がトリートメントと答えるのかなと思います。

しかし、髪は植物と同じで毛根というものがあり、そこに栄養素を与えないときれいな髪は手に入りません。

トリートメントでは目に見えている部分をその場しのぎでケアをしているにすぎません。

しっかりと頭皮のケアをすることで美しい髪が生えてくる土台を作ることができます。

ヘッドスパをすると血行促進され、髪に栄養が行きやすい環境になります。

現代人は血行不良で栄養が届きにくく、細く艶のない髪になりやすいです。

まずは、髪にしっかりと栄養を与えましょうましょう。

ヘッドスパのは血行促進の他にも、白髪改善やリフトアップの効果も期待できます。

髪の悩みがあるなら、土台の頭皮のケアを最初にすることをお勧めします。