口臭予防に歯間ブラシ

コロナ過でマスクを着けるようになって気が付いたことがある。

それは自分の口臭だ。

まさか自分が周囲にこんな悪臭をまき散らしていたなんて、考えるだけでもおぞましい。

私は歯磨きは朝夕に2回行い、マウスウォッシュも毎日使用し、

自分の中では十分なケアが出来ていると思っていた。甘かった。

絶望に打ちひしがれていた時、

ドラックストアでふと見えた商品「歯間ブラシ」。

前から気にはなっていたのだが、今まで歯磨きだけで特に問題もないと思っていたし、

なんとなく歯の隙間が広がりそうで距離を置いていた。

しかし、よく見ると金属ワイヤではなく、ゴム製のものもある。

藁(わら)にも縋(すが)る思いで使用してみたら、

キラハクレンズは販売店での市販なし…!私の口コミと効果を暴露

「やばっ」

思わず口にしてしまった。歯磨きでとりかれていない歯垢がごっそり取れ、

悪臭を放っていたのである。

その匂いはまるで「どぶ」のようである。なぜ今までこの匂いに自分で気が付かなかったのか不思議である。

とりあえず全部の歯間を掃除し、歯磨きして、マウスウォッシュもした。

そして妻に口臭が良くなったか聞いてみた。

「全然違う。今まで気になっていたけど言えなかったの。全然におわないよ」

口臭に悩む皆様、まずは簡単に出来る口臭予防歯間ブラシはいかがでしょうか。

歯垢は虫歯菌の餌ですので虫歯予防にもなりますよ。

30歳を過ぎてから、薄毛が気になり始めました。

自分は、薄毛にはならない、髪の毛の悩みなんて出てこないだろうと思っていました。

学生の頃は、格好いいからなどという理由から脱色を繰り返し、

好きなカラーを入れていました。

そのころから、脱色、カラーをするたびに頭皮の痛みを感じていましたが、

我慢できるほどだったのであまり気にすることもなく、

自分の好みのカラー、髪形を楽しんでいました。

就職してからも、髪形に制限のある会社ではなかったので、

自由な髪形で出勤したりと、長い間頭皮にダメージを蓄積していたのかもしれません。

30歳を超えて、結婚してからは全く染めることもなく、

黒髪短髪で過ごすようになりました。

家族とはよく一緒にお風呂に入るのですが、

ある時から、髪の毛を洗う旅に妻に頭が気になると言われるようになりました。

http://www.nefrologiapediatrica.org/

頭部のてっぺんが薄い、、、そう言われ自分でも見てみると、

確かに頭皮がよぉく見えます。

今まではこんなにも見えなかった頭皮が、光に照らされて、

こうこうと輝いていたのです。

まさか自分が薄毛になるなんて思ってもみませんでした。

若いころに無理をしすぎてしまったのか。

そう思うととても悔やまれます。

あの痛みは我慢してはいけなかったんだ、私は頭皮が弱く、

脱色、カラーは慎重にやらなければならなかった。

これからはもっと労わってあげなければいけない。

そう思いながら頭皮マッサージを施すのです。

肌と年齢

30代後半に差しかかると、どうしてもお肌にハリがなくなってきます。

ラントゥルースの効果

しっかりと保湿をしても乾燥やざらつきを感じたり、キメが荒くなって毛穴が目立ったり、あきらかに肌の水分量が減ってきていることがわかります。

加齢と共に肌が変わっていくのは仕方のないことですし、シワも含めて表情がすてきな高齢の方もたくさんいらっしゃいます。

例えば、目じりのシワはそんなにイヤじゃなかったりするのですが、顔の中心の眉間や鼻根、ほうれい線のシワはまだ受け入れられない!と思ってしまいます。私は鼻根のあたりにできてしまったシワがどうしても気になっていました。

シワ改善美容液やクリームのおすすめを調べて試してみたり、シワ改善のマッサージ動画を見たり、できる限りセルフケアをしてみるのですが、みなさんご存知のとおり、一度できてしまったシワは完全に消し去るのがむずかしいものです。せっかく買った高価な化粧品で肌荒れを起こしたこともあります。

いろいろ手を尽くしてみて、結果的に私は高価な美容液などを買うよりも、美容皮膚科でヒアルロン酸を打ってもらうのがいい、という答えにたどり着きました。今は定期的にそうしています。でも芸能人のようにいつまでもピンピンの肌では不自然なので、ずっと続けるつもりはありません。

加齢と共にシワを許せるようになっていけるように、セルフケアも続けながら歳を重ねていきたいです。

加齢に伴う髪質の変化

女性は年齢とともに様々な髪の悩みが出てきます。

髪質は人生で3回変わるなんていうことも聞いたことがあります。

子どもの髪をとかしていると艶々でさらさらでうらやましくなってしまいます。

自分も若いころはこのくらい天使の輪がはっきりと出ていたのにな…。と悲しい気持ちになることも。

妊娠出産を経て脱毛や白髪の悩みに加えて、今の髪質は癖とうねりが出てきてごわごわする手触りになってしまいました。天使の輪なんて全くありません。

子どもに髪を触られて、「なんでこんなにごわごわしてるの?」なんて無邪気に質問されたこともあります。子どもって残酷ですよね。

髪質が変わってしまう原因としては、加齢によって、皮脂の量が低下したり、キューティクルがはがれてきたり、髪自体の構造が変わっていくこともあるそうです。

また、ホルモンの分泌や頭皮の状態が髪のうねりやごわつきに影響することも。

髪は排泄器官とも言いますので、体の状態が表れているのかもしれません。

シャンプーやリンスに気を遣うことはもちろんですが、食べ物や生活習慣にも気を付けていくことが大切です。カラーやパーマのダメージも蓄積していくので、髪にやさしい薬剤を使用している美容院を選ぶことも重要です。何もしなくても艶々だった若いころとは違うので、年齢に合ったケアが必要になってくるんですね。

ニキビ肌でも乾燥はNG!絶対やってはいけない3つの事

マスクが欠かせない昨今、みなさんも隠れニキビにお困りではないでしょうか。シロイストを使用した私の口コミ!

マスクが擦れた部分が、いつの間にかニキビになってしまった!というケースも少なくないですよね。そんな隠れニキビにお悩みの方は、次の3つの事に気を付けて生活してみると良いですよ。まず1つ目は、雑菌に気を付けることです。毎日しっかり洗顔をしているのに、雑菌のせいでニキビが悪化するケースが多いと言われています。実はこの雑菌、タオルなどから移ってしまうこともあるそうですよ。特に冬は、部屋干しのせいでタオルに雑菌がついてしまうことも…。

それを防ぐためには、特にニキビがひどいときはティッシュなどで洗顔後の水分を拭き取るのもおすすめです。次に2つ目は、ニキビ部分を刺激しないことです。

とくに白く盛り上がるニキビは、角栓が詰まっている感じがしてついつい手でつぶしてしまうことも多いと思います。実はこれもNGなんです。ニキビを潰すことで、肌が一瞬フラットになるのを感じますが、そこから雑菌が入るとかえって悪化するケースもあるためです。ニキビはなるべく刺激せず、炎症がひどい場合は市販薬などで対処するのがおすすめですよ。

そして最後の3つ目は、保湿です。ニキビはオイリーだからできる、と思っている人も多いです。

しかし、実はこれはNGなんです。ニキビ肌は乾燥によって悪化することもあるんですよ。ニキビがひどい部分でも保湿は丁寧に行うのが良いですね。他にも、食べ物に気を付けるのもおすすめですよ。ビタミンB群を特に気を付けて取ってみると、肌の代謝を高めてくれると言われていますね。マスク時期は、ニキビをはじめとした肌トラブルに悩みやすい時期です。ぜひみなさんも、今回紹介したことに気を付けて生活してみて下さいね!

変わりゆく髪の毛の悩み

物心ついた時から、父親譲りの太くて硬い髪質がずっとコンプレックスでした…。

小学生の時は、いつも極太の三つ編みと下に垂れ下がらない元気なポニーテール(笑)

中高の文化祭ではふわふわのお団子に憧れて必死に格闘しましたが、もちろん私の髪の毛は言うことを聞かず。猫っ気の女の子が可愛くて羨ましくて…。

大人になるにつれて、美容院で毛量の多さと太さに驚かれることにもすっかり慣れてしまいました。優しい美容師さんには、「おばあちゃんになったらちょうど良い量になるよ!」と励まされた事も。

アラサーともなると少しずつ髪が細くなったのか、子供の頃ほど髪のセットに手間取らなくなってきました。

ただ最近また別の悩みが発生。明らかに生え際に白髪が増えてきたのです。

もともと真っ黒で白髪がほとんど無かった上に、前髪付近に集中的に生えてきたので、とっても目立ちます…。振り返ってみると、白髪が生えだしたのは仕事で体も心も滅入っていた時期。ストレスがこんな所に出てきちゃうのか、とショックを受けました。

いくつになっても髪の悩みは尽きないのだなあとしみじみしつつ、今はこまめに美容院でカラーをしてもらいながら、なるべく自分の体と心を労わるようにしています。

ネチィとした髪の状態に、嫌な感じがします

わたしの髪が、パサつく感じになることが嫌なのです。

普段は健康な髪の状態にと、なるべく気をつけているのです。

でもトリートメントすることを少しでも遅らせてしまうことで、

髪は手触りが嫌なものになることがあります。

なんとも言えないネチィとした感じです。

毎回のシャンプー後に、トリートメントをすれば本当はいいのです。

でも生活しているのに、生活費との関係もあります。

この様に原因があり、キューティクルが剥がれたりめくれたりするものです。

私は嫌と感じる髪の場合には、

普通うろこ状に重なり合っている、キューティクルが傷ついている状態になるのです。

たぶん人から見てもツヤがなく、さみしい髪の状態となっていると思います。

この手触りが嫌で、なるべく気を付けてはいます。

でも忙しさが増す生活になった時に、

トリートメントを予定より遅らせることがあるのです。

http://www.assupportgrouponline.org/

もちろんリンスでは対応できないものです。

知識を得ようと思いました。

髪の中心にあるのが「メデュラ」

そのまわりを「コルテックス」が覆い、

コルテックスを「キューティクル」が包み込んでいる状態と知りました。

髪の毛は3つの層からできていると知りました。

健康な髪の場合には、

このキューティクルが、コルテックスのたんぱく質や水分を守る働きをしているそうです。

私が嫌と感じる髪の状態は、

コルテックスにあるたんぱく質や水分が流出して髪が乾いた状態となっていると知りました。

キューティクルが剥がれない状態で、いつもいる事が大事と思いました。

髪の癖を活かして

私は非常に髪の毛の量が多いです。元々長く(肩甲骨くらいまで)伸ばすのが私の習慣です。

ですのであまり切りに行かないです。特に2019年から現在まではコロナで外出自粛になってから余計にあまり行かなくなりました。そのため今現在は非常に髪の毛の量が多いです。バナナクリップが壊れてしまいそうなくらいです。しかし毎日大量に髪の毛が抜けます。

少しブラシでとく程度でも大量に抜けます。またお風呂場の排水溝には長い髪の毛が大量に絡まっています。髪の毛を乾かした後自分の周りを見渡すと髪の毛が長いのもありますが大量の髪の毛が抜け落ちています。さらに傷んでおりなかなか艶が出ないです。長い髪は決していやではないですが艶があり綺麗な髪の毛を伸ばしたいです。

10年程前、いつもお世話になっている美容院でパーマやストレートパーマをあててみました。非常に気に入りましたがなかなか自分では維持出来ないと思いその一回でやめました。それからはあまりいじらないことにしました。そのため伸びてきたら癖も出てきますが今はその癖や長さを活かしてハーフアップにしてみたりポニーテールにしてみたりこの長さではないと出来ないヘアアレンジを楽しめたらと思っています。

ヘッドスパで血行促進

マスクをすることが当たり前になり、顔の半分が見えなくなりました。

メイクをバッチリ、きれいなリップをつけても見せれない。

マスクの裏が赤くなるだけ、そんな時代だからこそ、1番目につく髪に注目が集まっています。

人の印象を決める大半は顔です。つまり見た目の美しさが第一印象を左右します。

みんながマスクをする時代に差をつけるなら髪の印象を上げるしかありません。そこでオススメなのがヘッドスパです。

髪をきれいにするために何をしますか?

ほとんどの方がトリートメントと答えるのかなと思います。

しかし、髪は植物と同じで毛根というものがあり、そこに栄養素を与えないときれいな髪は手に入りません。

トリートメントでは目に見えている部分をその場しのぎでケアをしているにすぎません。

しっかりと頭皮のケアをすることで美しい髪が生えてくる土台を作ることができます。

ヘッドスパをすると血行促進され、髪に栄養が行きやすい環境になります。

現代人は血行不良で栄養が届きにくく、細く艶のない髪になりやすいです。

まずは、髪にしっかりと栄養を与えましょうましょう。

ヘッドスパのは血行促進の他にも、白髪改善やリフトアップの効果も期待できます。

髪の悩みがあるなら、土台の頭皮のケアを最初にすることをお勧めします。