口臭とお口のお手入れ

新型コロナウィルス対策のため、周りを見れば多くの人がマスクをつけている光景が日常となったこの頃。

ふとした時に、自分自身のマスクの中のニオイに、ヒヤっとしたり、人前でドキドキした経験はありませんか?

それは、自身の口臭のニオイが原因かもしれません。

主な口臭の原因として、口の中の、歯周病や虫歯、歯垢や食カスが原因のもの、全身の疾患からくるもの、飲食物、嗜好品が原因のもの、生理的口臭が原因のものがあります。

http://www.handicapemploi.com/

実は口の中の原因が口臭全体の90%をしめています。

ではどのようにして、ニオイの原因が作られるのでしょうか?

一番考えられる原因としてあげられるのが歯周病です。

歯周病はプラークと言う生きた細菌の塊が、清掃不良などで歯と歯ぐきの間の溝が深くなり細菌が溜まることで、毒素を出します。そして、この毒素こそが、細菌が出す硫化水素やメチルメルカプタンで、口臭の原因になります。

口臭の原因が細菌によるものであれば、絶対的に口の中の細菌を減らすことが一番の近道です。

そこためには、やはり日々のお口のお手入れ、歯磨きがとても重要になってきます。しかし、歯ブラシで取り除けるプラークは6割程度と言われている為、併用してデンタルフロスや歯間ブラシを使うことが望ましいです。

そして、さらに定期的な歯科医院でのメンテナンスを行う事によって、より歯周病を軽減することができます。

つまり歯周病を軽減する事により、口臭の心配が減ると言う結果に繋がるのです。

口臭が気になる時はまず、お口のお手入れをすることをお勧めします。