生姜とお茶で、口臭予防をはじめました

 マスク生活が長引き、人と直接対面して話すことがなくなりました。そのせいもあって、口臭を気にすることも減っています。歯磨きや歯科クリニックでの定期的なクリーニングはしていますが、ちょっと気が緩んでいるのは事実でした。

評判どう?キラハクレンズ

そのため、家族に口臭を注意されたときは、はっとしました。ひどく臭うわけではないけど、今日のお昼はハンバーガーだったでしょうと、午後7時頃に言われました。そういえば、昼休み、歯磨きをさぼっていました。

でも、ハンバーガーを食べてから5、6時間たっています。それなのに、まだ臭いが残っているのに驚きました。歯磨きは、大切だと思いました。今は夏の初め、はじかみ生姜の季節になりました。食事のあと、口の中をさっぱりさせてくれるので、生姜は好きです。ガリもよく食べます。

生姜を食べると、口臭も抑えられるような気がします。そこで、家族みんな、家では、食事の最後に生姜を食べて緑茶を飲むことにしました。緑茶には殺菌効果があるそうなので、口臭を押さえられそうです。はじかみ生姜をつくるのは大変ですが、おばあちゃんが、新生姜をスライサーでたくさんスライスして、新生姜の甘酢漬けを作ってくれます。みんなで生姜を食べて、口の中をさっぱり、口臭予防をしています。でも、一つ困ったこともあります。

生姜を食べると、体が温かくなって、薄っすら汗をかいてしまうことです。代謝がよくなっているのだと思います。食後に団扇も、新しいうちの習慣になりました。